成長期に少しでも身長が高くなる対策をすることがポイントになります。

 

 

 

成長期というのは、少しでも身長が伸びるための対策をする1番大切な時期になります。

 

 

子供が大人に成長する大切な時期です

 

男子であれば一気に20〜30cm
女子でも10cm〜20cm伸びて

 

成長期に少しでも高くなるための対策をすることをやらなければチャンスを逃してしまうことになります。

 

 

 

成長期を過ぎたら身長が止まってしまうということがあると言えるのではないでしょうか。

 

 

骨端線がどれだけ残っているかで身長が高くなる可能性が変わってくるとことになります。

 

 

この辺が身長伸びても個人差があるということに関係しているので しっかりとこの
成長期に栄養の管理をすることが重要になってでしょう。

 

 

★骨が密接に関係しています

 

子供のうちは、骨と骨の間には軟骨が存在しているということがあるのでこれをしっかりと
育て上げることが平気長期のポイントになります。

 

 

 

骨端線と呼ばれる軟骨これを少しでも伸びる対策をしなければならないので、少しでも
運動をすることで骨端線活発になることがいきます。

 

 

年齢とともに骨端線が出なくなる可能性は高くなるので小学生中学生高校生この辺が1番重要になるでしょう。